対馬庵について

ごあいさつ

対馬庵のホームページを訪問いただきありがとうございます。対馬庵は対馬市の海産物の魅力を全国へ発信する情報サイトです。対馬で採れた新鮮で美味しい海の幸やレシピの紹介に加え、国境の島、対馬の見どころを余すことなくご紹介させていただきます。

対馬市は長崎県の離島であり玄界灘の北方に位置する島です。南北に82キロメートル、東西に18キロメートルと細長い島で、面積は約700km2、日本の島では第10位の広さになります。

黒潮系の水塊と東シナ海の沿岸水が混ざり合った海水が対馬海峡を通って日本海に流入する暖流で別名対馬暖流とも呼ばれます。対馬暖流は魚に欠かせない植物プランクトンの宝庫であり、且つ、魚たちの産卵場としても大変優れた環境です。植物プランクトンの多さは魚が集まる漁場としても優れています。しかも日本海は東シナ海と比べて水深が深く、アカムツやクエなど海の深いところを泳ぐ魚たちも豊富です。脂ののったクエはお刺身やな鍋としても大変美味しく、またノドグロやイカ漁なども盛んなのが対馬の特徴。

さらに対馬の中心部に位置する浅茅湾では、ヒオウギ貝の養殖が盛んです。ヒオウギ貝は一見するとホタテそっくりの二枚貝ですが、対馬で獲れるひおうぎ貝はホタテと比べ濃厚でクリーミーな味が特徴です。ヒオウギ貝自体は対馬に限らず他の産地でも養殖されていますが、その発祥は対馬であり、稚貝の段階から浅茅湾の天然ミネラルで育てられたヒオウギ貝は他の産地によく見られるカラフルな外見こそありませんが、発祥の地、元祖ひおうぎ貝だけあって海のミネラル分との相性は抜群であり味も絶品です。このような対馬の美味しいを余すところなく発信し日本全国へ対馬の魅力を知っていただきたい、それが対馬庵の想いです。

代表 松尾 俊通


店舗情報

会社名 対馬庵
代表者 松尾 俊通
住 所 〒817-1231 長崎県対馬市豊玉町糸瀬37
電 話 090-2719-8180
営業時間 00:00〜00:00

 

アクセスマップ