長崎県対馬市 その1

対馬は長崎県に位置する島です。福岡県の博多から直線距離で約138km、ジェットフォイルと呼ばれる高速船で2時間30分で博多−対馬間は移動できます。

島の東西を対馬海流が流れ漁場として恵まれた環境にあります。また離島といえば海のイメージが一般的ですが、実際に対馬にこられたお客様からは、海も綺麗だけど、平地が少なく山に囲まれている感じですね、との感想をいただくことも多いです。それもそのはず島土の約89%が山地であり、各地に原生林が残されているなど、対馬は手付かずの自然がそのまま残されている貴重な島です。

島の中心部にはリアス式海岸が広がる浅茅湾があり、対馬庵が一押ししている、ひおうぎ貝の養殖が盛んに行われています。また浅茅湾から船に乗って対馬を眺めると、防人が作った城山、金田城を見ることができます。金田城は対馬の中心部に広がる浅茅湾に突き出した岩の塊です。

金田城は今からおよそ1350年前、大和朝廷が大陸からの侵攻に備えて対馬に古代山城・金田城(かなたのき)を築きました。現在ではトレッキングコースとしても有名な観光地になっています。

他にも対馬には砲台の後など日露戦争の戦跡が手付かずのまま残っており、古代と近代の「国防の最前線・対馬」を体感できます。マニアにとってはたまらない戦跡巡りの場としても重宝しています。

金田城は標高276m、山頂までの往復コースで往路は50分、復路は下になりますので40分程度の時間を要します。金田城跡は国指定特別史跡にも指定されており、対馬の代表的な観光名所として賑わっています。